いけばな企画集団・華匠of history

自然に寄り添いながら生きる暮らしの智慧、四季の移ろいを楽しむ「しつらい」の心。そして現代アートとのコラボやインストレーションの新しい空間を魅せる現代いけばな。

  いけばな企画集団・華匠

nenpyou.jpg

History

●自然にある花を摘み、器に活けることが「いけばな」です。
自然のはかない花をいかにどのように生かすかが大切です。いかにどのようにということが床の間に置くとか、いけばな展の会場に置くとか、いろいろあり、その活け方もその時代時代にふさわしいものとして常に変様しています。

●仏前にはなを供える「供花」に始まり、鎌倉期の「花合わせ」、室町期の書院造りにより、「床の間」「違い棚」が生まれ、「唐物」と呼ばれる中国からの渡来の珍しい具や器ものが飾られ、唐物の青銅の花瓶にはなをたてる「立て花」が盛んになりました。

●室町期では、将軍家には、芸能や唐物を伝える同朋衆と呼ばれる人々が仕え、室礼を行っていました。
また同朋衆のほかに六角堂の僧・池坊などの「立て花」に優れたものが現れます。

●江戸期になると「立て花」は、公家、武士、僧侶、上方の商人により広まり、大成されていきます。
一方十七世紀末ごろより、「茶の湯」の流行にともない「なげいれ花」 という新しいいけばながより親しみやすい花と
して町人社会で行われるようになっていきました。

●十八世紀になると多くの芸能の中心は上方から江戸へ移り、床の間も町人の家に設けられ、なげいれ花よりも格式のある 花が求められ、花では「生花(格花)」と呼ばれる分野が生まれて、より広く民衆の間で愛好されるようになります。   

●明治に入ると、洋風化に伴い「盛花」が生まれ、シュールレアリズム運動等の美術とともに前衛いけばな等が行われ、安達流、小原流、草月流等の新しい流派が生まれていきます。

●太平洋戦争後、焼け残ったウインドウなどに華が活けられ、早くから、いけばなが大衆の気持ちをつかみ、昭和四〇年頃に日本いけばな芸術協会等が設立し、今日にいたります。

●いけばなの文化を語るのに、ある作家が「心に花を託すと同時に花の中にすでに人間があるということを見抜いてきた文化」と言い、人間のさまざまな心の形を持って咲き続け、それらの自然の花は、その瞬間を切り取られ、そこに心が浮かび、自然に花が蘚る。これを繰り返し、自然と人の密度の濃い関係を築きあげてきたのでしょう

華道家(かどうか)とは、花をいける人。花や植物そのものを用いた彫刻・造形をする人のことをさす。フラワーアーティスト、いけばな作家、挿花家、花師などとも呼ばれることがある。また、彫刻家を兼ねることもある。1975年「日本教養全集15」で、白洲正子が「華道家」という言葉を使用している。