いけばな企画集団・華匠of k-ijima

自然に寄り添いながら生きる暮らしの智慧、四季の移ろいを楽しむ「しつらい」の心。そして現代アートとのコラボやインストレーションの新しい空間を魅せる現代いけばな。

  いけばな企画集団・華匠

華匠.gif

飯島鼎甫iijima.jpg

1954年 宣法未生流六世家元飯島絮甫の二男として生まれる。飯島鼎甫
2008年 宣法未生流(せんぽうみしょうりゅう:鎌倉未生) 七世家元に就任。
日本いけばな芸術協会評議員 神奈川県華道連盟評議員
横浜華道協会常任理事
若い頃より,「グループ華」「いけばなハマ社」「いけばな公募展 (世話人)」
「いけばなネットワーク21東京」などに同人として参画・出品。
古典花(生花)・現代花
独自のいけばなジャンル「仕掛けもの」に特徴がある。      HP; http://www.geocities.jp/hanatocha/

a02iijima1.jpga02iijima1.jpg華Art work in progress2013   2013年1月31日〜2月5日。   ベーリック・ホール

i-12-01.jpgi-12-01.jpgいけばなブランド 2012年2月5日㊐、6日㊊、   ギャラリー城山

iijima.jpgiijima.jpgいけばなとは 植物の“生命(いのち)”を いけること なすを1200個塩漬けにしました 。なすの生命は「あの色」です

nasu7.jpgnasu7.jpg南蛮焼き締めの器は 8日間も登り窯で焼き続け 金属質のよい音色を出すことに気付いた 茄子に葉蘭の尾羽をつけ  天井から吊るした 風が来ると茄子はピコピコとお尻を振って その下に続く振り子を揺らした そのたびに軽やかで妙なる音が響いた 器は大きさ・形によって違う音色を奏でる・・

iijima2.jpgiijima2.jpg