いけばな企画集団・華匠of k-osada

自然に寄り添いながら生きる暮らしの智慧、四季の移ろいを楽しむ「しつらい」の心。そして現代アートとのコラボやインストレーションの新しい空間を魅せる現代いけばな。

  いけばな企画集団・華匠

華匠.gif

長田華鳳osada.jpg

1953年 1953年生まれ 長田華鳳 2011年 藤沢市・昆明市友好姉妹都市提携30周年記念文化交流団団長として参加。
現地で大華道展の開催と公式パーティでのいけばなショーの実施。
市民40名への「いけばな指導」、その他、茶会・写真・絵画・書の展覧会を開催。 両市長および 関係者から大絶賛される。
その他、各地区での「いけばなこども教室」の開催や各種講演会・テレビ出演等で「いけばな文化」 の浸透に努めている。

a52osada1.jpga52osada1.jpg
華Art work in progress2013
  2013年1月31日〜2月5日。
  ベーリック・ホール

0-12-01.jpg0-12-01.jpg
いけばなブランド
  2012年2月5日㊐、6日㊊、
  ギャラリー城山

osada-rikka.jpgosada-rikka.jpg
.

osada-kenten2011.JPGosada-kenten2011.JPG

osada-1.JPGosada-1.JPG
ソテツの自由化
 ソテツの持つ力強さを内方への回転運動でより一層強調しました。作品は1.5m程の大作で、会場では他を威圧してしまいました。

レンギョウ株分け生花.jpg
レンギョウの株分け生花
  レンギョウの力強さを強調するために、あえて開花するまで待ってから生けました。

自然形自由花.jpg
野バラの実とマメ科の大サヤの自由花
伸びやかに生けるために斜形に入れてみました。
  線を強調すると、平面的になりがちですが、色と質感で立体的に仕上げました。

水仙一色立花.jpg
水仙の直真(すぐしん)立華です。
  大量に仕入れた水仙がありましたので、一色立華としました。
  葉の技巧は独特の物ですが、時間をかけずに仕上げないといけません。
  全ての葉組を何分でやるかがポイントです。

雪柳紅葉現代生花.jpg
雪柳の現代生花
 ラッパ状の青銅器に紅葉したユキヤナギを生花で生けてみました。 風になびいて、ゆく秋をしっかりと受け止めているイメージです。

大島桜株分け生花.jpg
大島桜株分け生花
  大島桜に足下を締めるために葉蘭の緑を入れてみました。
  異質の物の組み合わせは意外と大変でした。